皮膚科でシミを取る方法とは

市販されている美白化粧品は、できてしまったシミや目立つシミにはほとんど効果がないものと思っていいようです。あくまでもシミの予防、あるいはごく初期のシミに効果があります。

顔の目立つところにシミができてしまったり、どうしても取りたいシミがある場合、いくら高級な美白化粧品を使っても効果があまり期待できないので、その場合は皮膚科でシミを取るという方法もあります。

皮膚科でのシミ取りの治療は「レーザー治療」「ケミカルピーリング」また、ビタミンCイオン導入、塗り薬、飲み薬などがあります。自分のシミの状態や種類などに応じて、治療方法も変わってきますから、予算や状態などいろいろ相談しながら治療計画を立てていきます。

レーザーにはメラニン色素を破壊する働きがあるので、正常な皮膚は傷付けずにシミだけを消すことができるのが特徴です。皮膚科でのレーザー治療は、自由診療となるため、費用が高くなります。シミの大きさや濃さにも左右されますが、1カ所につき3千円~5千円、さらに初診料や薬代などがプラスされます。

薄いシミでは1回、濃いものの場合は2~3回治療を受ければ、だいぶキレイに除去することができます。レーザーを照射したあとは、患部がかさぶたになり傷が治るまでに数週間かかり、この時間を含めると、早い人で半月、遅くても1年ほどで正常なお肌に戻ります。

はっきりしたシミではなく、くすんだ程度のシミでしたら、ケミカルピーリングも皮膚科で行うことができます。自宅でもできるピーリング剤も市販されていて気軽にできるのですが、やはり皮膚科で行うピーリングは効果が違います。これは、医師にしか使用できない強い酸性の薬剤を使うためです。

ケミカルピーリングの後のケアも皮膚科ならではのしっかりしたケアをしてくれますから、安心です。ケミカルピーリングも自由診療のため、費用は高めです。平均的には1回1万円前後で5回~10回、5万円~10万円くらいになります。

このページの先頭へ