美白のためのイオン導入とは

イオン導入器は、女優さんやセレブなど特別な人だけが持っていた時代は終わり、家庭用でも数万円で購入することができるようになりました。イオン導入を行うと普通の美容液やビタミンC誘導体の化粧水を肌の奥まで届かせることができます。

イオン導入の効果としては「浸透性」です。通常の場合の数10倍もの浸透を高める働きがあると言われています。ビタミンC誘導体は、シミやシワなどに効果があることで、化粧水をはじめとする美白化粧品の多くに使われています。

その効果としては「肌にできた活性酸素を除去する」「肌にあるメラニン色素を抑制する」「線維芽細胞を活性させる」などお肌にとってはいいことずくめの成分です。

ビタミンB誘導体はビタミンCがあまりにも不安定で化粧品に使えないことから、人工的に作られた成分ですが、肌への浸透もある程度はビタミンCに比べると良くなっているとはいえ、皮脂膜や角質などが邪魔をして浸透度はまだまだといったところです。

そこで、イオン導入法によってもっと肌の奥の方にビタミンCを届けることで効率よくビタミンの効果を得られるというものです。イオン導入とは、微弱な電流を使って肌にこうした成分、ビタミンC誘導体やプラセンタ、コラーゲンなどの浸透を高めるものです。

実際のイオン導入器の使い方としては、ビタミンC誘導体を含んだ化粧水に濡らしたコットンパックをして美顔器をあて施術をします。美顔器の中ではその場で肌が温かくなったりといった変化は感じられないため、すぐには実感がわきませんが美肌の成分を皮膚の真皮層まで届けてくれています。

定期的にイオン導入を行うと確実に効果があります。家庭用の導入器も売られていますが、やはりエステサロンで受けるイオン導入は違います。肌質を考えながら、独自の有効成分の配合を考えてくれて、効果が最大に出るようにしてくれます。

男性のシミで美白化粧品が有効なのは老人性色素斑、濃くなってしまったそばかす、炎症性色素沈着(ニキビ痕)です。ただし、そばかすもニキビ痕も完全には消えにくいと言われています。シミを消したいのならUV対策も行ってください。

このページの先頭へ